COMPANY

MESSAGE 代表メッセージ

代表取締役 今川 博貴 HIROKI IMAGAWA

売り手よし 買い手よし 世間さまよし
三方よしの「超人間中心経営」

はじめに私が初めて社会に出たのは横浜の名の無い高校を卒業してすぐのことでした。
就職した先は電気通信通工事の施工などを行っている会社でした。そこで1年間働き、溜まった微々たる貯金で仲間でメディア事業を始めます。

もともと自身、仲間で仕事をやりたかった思いがあり若さ故の勢いと純粋な気持ちで仕事に取り組んでおりましたが、結果は当然うまくはいかず
一日一食も食べれるか食べれないかのぎりぎりの生活を送っておりました。

会社や僕たちの生計を立てていたのはゴミを集めてリサイクル屋さんに売るというなんともアナログな方法でした。
その時、常に前向きで楽観主義の私でしたが素直に社会の厳しさや自分自身の未熟さを痛感しました。
そしてある日ボロボロの5畳一間の事務所に出社をしたら一人の仲間がお腹が減り過ぎていたのかベランダの土を食べていたのです。

その件がきっかけとなり、一度皆社会に出てもう一度再結成しようと約束をし、私自身は広告業界にはいることになります。
そこは今までまったく見たことのない世界で郵政省の方々と日本発のアイドル切手を作成したり、大手紳士服企業のプロモーションを担当させて頂いたり何よりもお付き合いしている方々に『楽しい時間をありがとう。』と言われた時に今まで感じたことも無い充実感へと変わっていきました。

そこで私の人生において周りにいる家族や仲間やお客様や全ての方々を大切にしなければならないと誓いました。その時の経験から『“人”儲け』という私の座右の銘が刻まれていきました。

そこから広告業界を7年の経験へて『“人”儲け』という意味を形にしたく2013年8月に株式会社TonTonを設立致しました。
そこからあの時悔しい思いをした仲間と集結し新たな挑戦がはじまりました。

正直、私は一人では何も出来ません。しかし回りに素晴らしい仲間がいるからこそ自信をもって自分の会社を薦める事ができます。私たちは、大きな会社には無い熱い愛情、信念、志があります。

他の会社を悪く言う訳ではないですが、利益を追求するがあまりお客様が悲しい顔をしている光景を目撃したことなどもあります。当社は『超人間中心経営』を掲げており人としての道徳心の育成は徹底しております。自分たちだけがいいはいけない事という認識があります。

この経営手法で今の日本を少しでも一昔の日本のような温かみと思いやりある国へと変えていく覚悟でおります。売り手よし、買い手よし、世間様よし、三方よしの精神をもって一生懸命、業務にまい進する所存でございます。

株式会社TonTon 代表取締役 今川 博貴

PROFILE

今川博貴(いまがわ・ひろき)

1985年岡山県生まれ。19歳で5人の仲間とアパレルブランドを立ち上げ、21歳で同じ仲間とメディアサイトを立ち上げる。その後、広告代理店のトップセールスマンになりその貯金を元手に沖縄のホテルを買収。再建させたのち、バイアウト、2013年に株式会社TonTonを設立。著書に『世界一わかりやすい「公務員」の不動産投資術』(幻冬舎)がある。