株式会社TonTon 株式会社TonTon

Takuya.I
不動産事業部
2019年度新卒入社

入社を決めた理由は?
不動産をやりたいという気持ちもあったが、1番は人が良かったから。
他社も就活生にはもちろん良くしてくれるが、社内の人同士で挨拶がなかったり、そういう一面がみられることもあったが当社はそういうのがなく、
社内同士の人でも挨拶はしていたし、明るい雰囲気が良かった。
ここなら楽しくやっていけそうだとフィーリングで感じ取った。
あとは将来の夢である”起業”もできそうだと感じた。
どんな就活をしていましたか?
就活当初は、社風などを直に感じられる機会だと思い、説明会の後に食事会や飲み会があるような会社には積極的に参加していた。
不動産業界には携わりたかったが、もしかしたらもっと面白そうな業界があるかもしれないと思い、そういう食事会や飲み会があるところで業界を探っていた。
いざ面接となると最初は落ち続け、どこも受からなかった。
なので焦って他の業界などの説明会、面接に足を運んで何社も何社も受けて面接慣れしようとしていた。
それを繰り返していたら5月の半ばには面接で聞かれることも予測はついてきて、最初のころよりは面接も緊張しなくなり、内定も貰えるようになってきていました。
入社前していたイメージと、入社後のギャップはありましたか?
ギャップはなかったです。
自分は浪人していたこともあり、同世代の人よりも一年遅く社会にでました。
そのため周りから社会人はきついものだと口酸っぱく言われていたので、相当、心して社会人デビューしたこともあり、全然きつくはなかったです。
会社の印象も入社前から抱いていた明るい雰囲気のままでした。
就活生へのアドバイスを!
数をたくさん受けること。
出会いの数が多いほど自分に合った会社と巡り合う確率も高くなるし、面接練習もできる。
一個内定さえもらえれば自信にもなる。
内定を複数個もらったら最後は悩むと思うけども、最後は自分のフィーリング!人に流されて入ったとこより、自分で決めて入った会社のほうが、入った後結果はどうであれ、どんなことがあっても、「自分で決めた道なんだから」って腹くくっていけるはず。
どんな会社に入っても結局は自分次第!!!

メンバーインタビュー

INFORMATION

採用活動・情報をしる