株式会社TonTon 株式会社TonTon

「何をやるかではなく、誰とやるか」

株式会社TonTon 代表取締役 今川 博貴

”やること”は創り上げていけばいい。まずは”誰と”が重要
僕は皆さんと一緒の年代の時、一生をかけてやりたい事なんていうのは無く、目の前の事をただただ仲間と共に一生懸命にやる、ということの繰り返しだったと記憶しております。
大半の事業は上手くいかず、仲間とまずい釜の飯を分け合って生活をしておりましたが、とても楽しく充実していた時を過ごせました。
今思うとよく楽しめていたなと思うほどの状況です。笑
誰もがネガティブや後ろ向きの言葉は発しず、本当の意味の助け合い、思いやりをもって働き続けました。
お陰様で、その時に本質的な気付きを得ることが出来ました。
何故楽しいのか?何故充実しているのか?の何故を追求していくと隣に仲間、人がいるからだと深い潜在意識の中で気付かされたのです。
それが我が社の企業理念である【人儲け】に繋がってきています。
素晴らしい仲間さえいれば、どんな事もプラスに変えられてしまう。
そんな素晴らしい仲間と夢を語り合い、共に【やる事】を創り上げていければ、私達の人生は少し充実感を得られるのではないでしょうか?
何をやるかという事も大切ですが、考え方としてまず【誰と?】から考えると、皆さんの今後の人生において少し充実感が増していく。
そう確信しております。
TonTonが求める人財
企業として何故、新卒採用に力をいれているかの理由は【将来の役員候補】との出会いです。
私は会社経営に携わってきて、短いながらに感じた事があります。
それは、”素直な人”は社会で圧倒的に重宝され、チームに成果をもたらしているという事でした。
素直とは、人それぞれ解釈があるにせよ、人様から言われたことをそのまま受け止めてやってみる。
この行動を素直の定義とすると、新卒の社会人1年生だからこそ持っている、いや何も持ち合わせていないからこそでる、素直さがそこにはあります。
そこへ我社の理念でもある【人儲け】という魂を伝えていった時にとてつもなくポジティブで温かみのあるそんな人物像が想像出来るからこそ今もこれからももっともっと力を入れていき続けます。

メンバーインタビュー

INFORMATION

採用活動・情報をしる