株式会社TonTon 株式会社TonTon

Yuta.N
不動産事業部
2019年度新卒入社

入社を決めた理由は?
圧倒的に『人』です。
学生時代、自分自身旅行に行く際どこに行くかではなく、誰と行くかで楽しみ方や、モチベーションが大きく変わる人間だと感じていました。
だからこそ働く会社も、一緒に働く人次第で、自分の成長スピードや働き方も変化していくと思っていました。
内定は何社から頂きましたが、なかなか納得できるところがなく、どうしようかと迷っていた時Ton Tonの説明会で『何をするかではなく、誰とするか』というキャッチコピーを見て感銘を受け、面接を通してお会いした社員の方に魅力を感じ入社を決めました。
どんな就活をしていましたか?
ベンチャー企業のみ40~50社受けました。
自分の将来の夢のために、限られた時間の中で働き1番成長できる会社を求めて就職活動していました。
周りが受けているから、みんな行っている説明会があるから。そのような理由に流されることなく、自分のみを信じて貫き続けた就職活動でした。学生の立場で社会人と話せる機会はそう無いと思っていたので、あまり自分には向いていないかもと思えるような業種の説明会や選考にも、冒険する気持ちで前向きに足を運びました。
仮に『この会社少し違うな?』と思うことがあっても、自分より人生の先輩から伺える話や、そこで出会う人と交流して『就職活動とはなんなのか、自分のしたいことって?』を考えることに意味があると感じていました。
入社前していたイメージと、入社後のギャップはありましたか?
良い意味で沢山ありますが、1番は自分が思っていた何倍も仕事をする事は難しいことです。
普段なら簡単にできる時間を守ることすら、本当の意味で守れていないと入社したての頃は自分の甘さに失望しました。
業務においても、最初からできる人はそういないからこそ、昨日出来なかったことを突き詰めて考えて、翌日行動に移す。
それが成功した時は目に見えて自分の成長を感じことのできる環境に、本当に満足しています。
社会人になってから、一人で出来ることはそう多くないと感じました。先輩や同期、たくさんの人に支えられ、時には自らが支えることで会社が回っていると思います。
株式会社Ton Tonはとことん自分の成長に付き合ってくれる会社です。時には厳しく、成功に対しては チームを超えて、社内全体で分かち合える会社です。入社前と後でその部分はいい意味でギャップがありました。
就活生へのアドバイスを!
周りに流されないこと。本当にこれに尽きます。
一回きりの人生だからこそ自分の将来は自分で決める。まだ何がしたいか分からないという学生達へ。
とことん迷って寄り道して、沢山考えて、悩んで、そんな就職活動にして下さい。
考え尽くした後に自分がこれだ!ここなら自分は輝けると思える会社に出会えるはずです。
卒業してから働き始めると約50年の社会人生活が待っています。
生活する時間の中で1番仕事をする時間が長くなります。だからこそ何をしている時に、誰としている時に、自分が頑張れるのか、困難に立ち迎える人間なのか分かっていると働き始めてからの生活がぐっと楽しくなりますよ。

メンバーインタビュー

INFORMATION

採用活動・情報をしる