株式会社TonTon 株式会社TonTon

Momiji.M
不動産事業部 営業一課
2018年新卒入社

Momijiさんが担当されているのはどんなお仕事ですか?
不動産の営業のお仕事をさせてもらっています。
TonTonが自社保有するのではなく、お預かりした不動産をお客様に紹介するという、いわゆる不動産の仲介をやらせてもらっていて、主に電話営業を毎日やっています。
また、お客様に不動産を保有していくことのメリットやデメリットを包み隠さずお話し、お客様の未来を一緒に考え、提案することも行っています。
やりがいや、おもしろさ、大変さはありますか?
私は他の同期と比べて、結果を出すのに時間がかかりました。
結果が出ない悔しさを知っていたからこそ、結果が出た時の嬉しさややりがい、周りの人やお客様への感謝を誰よりも感じていたと思います。
ただ、「これからもずっと結果を出していかなきゃいけない」、「周りに負けられない」というプレッシャーや、常に数字との闘いなところも、面白さであり、大変なところですね。
学生から社会人になり一年が経ちましたが、どのような変化がありましたか?
敬語とパソコンを使う機会が増えたこと。そして何より、もスーツを着る機会が増えたこと。
学生の時、アパレルでアルバイトをしていて、服は凄く好きなのですが、学生の時はどうしてもかっこよく見えなくて、スーツを着たくなかったです(笑)だから今ちゃんとスーツを着てお客様に会いに行っている自分に驚いています。
今はスーツが似合うようなメイクを研究したりしていて、それが一番の変化ですね。
これからチャレンジしたいことはありますか?
営業だけではなくて、違う部署に行ってみたいと思っています。
私から見えるこの会社の良いところ、または、改善しないといけないところ、誰も発信しないなら私が発信して改善し、またはいいところをもっと伸ばしていきたい!と思うのです。
どんなに小さい課題でも、誰かが悩んでいるなら一緒に考えて解決していきたい。
そうすることで組織はもっと大きく強くなれると思うから。
だからそういったことにも、今後携わっていけたらいいなと考えています。
就職活動している学生にメッセージお願いします。
自分が就職する会社に求めることは人それぞれ違うと思います。
私は、「一緒に働く人」と「自分が働く環境」を軸に会社を選びました。
だけど働くまではどんな会社なのかわからない。どこの会社の説明会でもいいことばかり言うし、もう既にいくつか内定をもらっていたので、非常に悩んでいました。
私がこの「株式会社TonTon」を選んだ理由は、率直に、人の暖かさと一人一人が会社を作っていくという将来性を感じ、他のどの会社よりも「ワクワクした」からです。ぜひ、「ワクワクする会社」を見つけて下さい。

メンバーインタビュー

INFORMATION

採用活動・情報をしる