株式会社TonTon 株式会社TonTon

Kenichi.K
不動産事業部
2019年度新卒入社

入社を決めた理由は?
私自身、大学では昔から続けていた野球をしていて、社会人野球を続けていこうと考えていました。
しかし、なかなか自分の思い描いていたようにはいかず、一般就職を考え始め、6月上旬から就職活動を開始しました。
初めて受けた説明会がTonTonでした。オフィスに入ると、いい意味で「これが会社なの?」と驚きました。
私がTonTonを決めた理由は間違いなく「人」です。
説明会での社長の言葉である「何をやるかではなく誰とやるか」この言葉に出会ったこと、社長に説明会で出会ったことが入社を決めた理由です。
どんな就活をしていましたか?
基本的には「誰の下でやるのか」を最重要として考えいていたので、面接を受けたほとんどの企業が社長で決めていました。
”どんな人間なのか”、”どんな話し方をするのか”、”何を考えているのか”を社長と話して決めていきました。
中には大手企業の社長にも時間を作っていただき、無理を言って面接をしていただいたこともあります。今思い返すと、きっと人事の方には「面倒くさい就活生だな」と思われていたと反省しております。(笑) 
兎にも角にも社長というポジションにいる方はどなたも素晴らしい考え方を持っていると思います。
機会があればどんどん話を聞き、チャレンジするべきです!
入社前していたイメージと、入社後のギャップはありましたか?
営業職の難しさは想像していたものとは全く違うものでした。
元々、人と話すことが得意でした。しかし、不動産という売主様の大切にされてきた資産を預かることは、密度の濃いコミュニケーションが大切だと感じています。
私たちは仲介をしているため、他の営業職とは違い商材がありません。
そのため、いかにお客様に寄り添い、”自分という人間を知ってもらう”ということが一番大切だと思います。
上司はどんな人?
とにかく明るい人で、いつも勇気を与えてくる方です。
自分が分からないことや、出来ないことに対して、しっかりと理解ができるまで教えてくれます!
常にポジティブであり、自ら先頭に立ち、引っ張っていく姿を間近に感じられているので、早く追いつきたいと思わせてくれる存在です!
就活生へのアドバイスを!
何かやりたいことがある人もいれば、私のように特にやりたいことがない人も中にはいると思います。
ですが、どんな仕事においても”人との関わり”は絶対にあります。
その中で「自分を成長させてくれる人」、「この人のために頑張りたい!と思える人」を見つけてください。
自分が社会で苦しい、きついときに頑張れる活力を貰えると思います!
皆さんの今後の人生に幸あれ!!

メンバーインタビュー

INFORMATION

採用活動・情報をしる